ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム  > 感染する赤ちゃんの病気


感染する赤ちゃんの病気

赤ちゃんに感染する病気はたくさんあります。
自分の子供に感染させないような方法や、赤ちゃんから家族が感染しない方法等も載っていますので参考になると思います。

赤ちゃんのアデノウイルス感染症について

アデノウイルス感染症とはどんな病気があるのでしょうか。 有名な病気で「プール熱」というのがあり、初夏から秋口にかけて多い夏カゼの一種になります。 感染口はアデノウイルスに感染している子供の、目やにや便からになります。 潜伏期間は5~7日で、プールに入らない赤ちゃんにはあまり見られない病気であり、幼稚園児によくみられます。 しかし幼稚園児がアデノウイルスをもらってくると、兄弟である赤ちゃんに感染した...

赤ちゃんのロタウイルスに関する病気

ロタウイルスは、非常に感染力の強いウイルスでお腹が病気になります。 「急性胃腸炎」が重にかかる病名でしょう。 免疫の無い赤ちゃんは、必ずといって良い程1回はロタウイルスに感染してしまいます。 水みたいな下痢便が特徴で白っぽい色をしている事から、「白色便性下痢」とも言われています。 激しい嘔吐も伴う事もあり、「嘔吐下痢症」や「小児仮性コレラ」、「白痢」、秋から冬にかけて発症する場合が多いので「冬季下...

赤ちゃんの溶レン菌感染について

溶レン菌感染は、A群β溶血性連鎖球菌といった細菌からの感染によって起こる病気で、溶レン菌はよくいるありふれた細菌で一般的には、赤ちゃんは感染する事は少なく、主に幼児や学童の子がかかる事が多い病気です。 溶レン菌感染症の症状は、始めに39℃以上の高熱がいきなり出ます。 そして、咽頭炎や扁桃炎などの喉の風邪の症状が出て、のどちんこが赤く腫れて喉の入り口も赤く炎症を起こして、痛みはかなりあります。 その...

赤ちゃんのRSウイルス感染症について

RSウイルス感染症は、小さい赤ちゃん程重症化しやすい病気でRSウイルスといったウイルスが呼吸器に感染し、肺炎の原因となります。 軽い症状も含めると多くの子供がかかってしまいます。 赤ちゃんが感染した場合には、細気管支炎、肺炎に重症化しやすくなり、また乳幼児突然死症候群の原因にもなる怖い病気です。 感染力が非常に高く、赤ちゃんは免疫が非常に弱い為繰り返して起こります。 回数を重ねるごとに、免疫力が高...