ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  感染する赤ちゃんの病気  > 赤ちゃんの溶レン菌感染について


赤ちゃんの溶レン菌感染について

溶レン菌感染は、A群β溶血性連鎖球菌といった細菌からの感染によって起こる病気で、溶レン菌はよくいるありふれた細菌で一般的には、赤ちゃんは感染する事は少なく、主に幼児や学童の子がかかる事が多い病気です。

溶レン菌感染症の症状は、始めに39℃以上の高熱がいきなり出ます。
そして、咽頭炎や扁桃炎などの喉の風邪の症状が出て、のどちんこが赤く腫れて喉の入り口も赤く炎症を起こして、痛みはかなりあります。

その他には、嘔吐や頭痛や腹痛、筋肉痛や関節痛等といった症状も出る事もあり、インフルエンザウイルスに感染した時の症状と似る事がよくあります。
首のリンパが腫れたりして、中耳炎を併発する恐れもあります。


発疹も出て、痒みを伴いますが、赤ちゃんによってさまざまな程度や出方になります。
だいたいは、赤い細かい発疹が首の周りや胸や手首、足首から始まります。
発病すると、舌が白いコケが付着したようになっていて、3~4日経つと、イチゴのように赤くなってブツブツしてきます。

この病気は死亡率の高さから、昔は恐ろしい病気として知られてきましたが、最近では、抗生物質で自宅で治せる病気とされているので恐ろしくはありません。

治療は、上記に述べたように抗生物質の服用で治していきます。
発熱も1~2日で下がり、発疹も軽くなり、喉の痛みは1週間以内で治るでしょう。

治りかけに最後の症状が現れるのですが、指先の皮がポロポロむけだします。
これは、3週間くらいで完全におさまるでしょう。

3歳以下の子供が、かかると喉の痛みだけの症状が多いようです。
細菌性の病気は、細菌を殺さないといけないので自然に治る事はありません。
必ず小児科を受診して抗生物質を処方してもらうようにしましょう。