ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  感染する赤ちゃんの病気  > 赤ちゃんのロタウイルスに関する病気


赤ちゃんのロタウイルスに関する病気

ロタウイルスは、非常に感染力の強いウイルスでお腹が病気になります。
「急性胃腸炎」が重にかかる病名でしょう。

免疫の無い赤ちゃんは、必ずといって良い程1回はロタウイルスに感染してしまいます。
水みたいな下痢便が特徴で白っぽい色をしている事から、「白色便性下痢」とも言われています。

激しい嘔吐も伴う事もあり、「嘔吐下痢症」や「小児仮性コレラ」、「白痢」、秋から冬にかけて発症する場合が多いので「冬季下痢症」とも言われています。


感染源は、ロタウイルスによって、唾液や便から口に渡り、1~3日潜伏期間があり、1週間でロタウイルスは死滅します。

症状は、激しい下痢や嘔吐や、便に色を付ける胆汁の機能が低下し、白色の便が1日に何回も水みたいになって出てきます。
発熱は微熱から38℃くらい出たりします。


赤ちゃんの場合、合併症の恐れもあり、脱水症状が見られたりお尻が下痢でただれたりします。

治療方法はウイルス性なので特効薬はありませんが、嘔吐がひどくて水分補給が取れない場合は栄養や水分補給の為に入院して点滴をする場合もあります。
合併症が無ければ、嘔吐は1~2日で治り、下痢は1週間くらいで収まって便の色も黄色くなってだんだん治ります。

ケアの方法は、水分補給ですがロタウイルスのせいで、電解質が減少していますので、電解質を含むイオン飲料を少量ずつ何回も飲ませてあげましょう。

お尻がただれてしまった場合は、下痢を催したその都度、お湯でちゃぷちゃぷ洗ってあげます。
お尻ふきで拭くと、余計にただれたりしますので注意しましょう。

保育所に通っている赤ちゃんは、下痢が収まるまで自宅で過ごすようにします。
家族も感染するので、オムツ交換時には、使い捨て手袋をする事をお勧めします。