ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  感染する赤ちゃんの病気  > 赤ちゃんのアデノウイルス感染症について


赤ちゃんのアデノウイルス感染症について

アデノウイルス感染症とはどんな病気があるのでしょうか。
有名な病気で「プール熱」というのがあり、初夏から秋口にかけて多い夏カゼの一種になります。

感染口はアデノウイルスに感染している子供の、目やにや便からになります。
潜伏期間は5~7日で、プールに入らない赤ちゃんにはあまり見られない病気であり、幼稚園児によくみられます。

しかし幼稚園児がアデノウイルスをもらってくると、兄弟である赤ちゃんに感染したりしますので、注意が必要です。


症状は、喉が痛くなり、目の裏が真っ赤になり、結膜炎になって目やにがたくさんでます。
そして、発熱も急に出だしていきなり39℃まで出るといった症状です。

目がしょぼしょぼしていたり、まぶしがったりするとこのウイルスに感染している可能性が上がります。
赤ちゃんの場合は、下痢や嘔吐の方がひどくなって、結膜炎は出ない場合が多いでしょう。


また、似たような症状で「はやり目」という病気があります。
この病気は感染力が非常に強い為、周りにかかっている子がいたら要注意です。

症状はプール熱より重く、白めが真っ赤になり、目が開かない程に腫れあがり、涙や目やにが非常に多くでます。
赤ちゃんにこの病気がかかると、細菌感染を起こして、最悪の場合失明する事もある怖い病気です。


アデノウイルスの特効薬はありませんが、目やにがひどい場合には、細菌の二次感染を防ぐ為に、抗生剤入りの点眼薬を処方される事があります。
病院はまず、小児科を受診して、先生の指示に従い、眼科に変更する場合もあります。
発熱は3~4日で収まります。

アデノウイルスは、同じタオルや洗面器の使用ですぐ感染しますので、家族とは別のものを使用し、洗濯も別にしましょう。
症状が消えた後、2週間はウイルスが消滅していませんので、まだまだ注意が必要です。