ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム  > 重症化すると危険な病気


重症化すると危険な病気

このまま適切なケアをしないで放っておくと、重症化して赤ちゃんが危険な状態になる病気をまとめています。
ここの記事の病気になった場合は、適切な看護をしてあげなければいけません。

赤ちゃんのクループ症候群について

クループ症候群は別名「急性喉頭炎」とも言われています。 風邪の症状と似ていて、ウイルスや細菌が喉頭に付着し炎症が起きる事です。 クループ症候群にかかると、息を吸う時にヒューヒューという音がなったり、次第に声がかすれて犬の遠吠えのようにケーンケーンと咳を出すようになります。 そして空気の通り道が妨げられて、息をしずらくなり吐きずらくなります。 ひどい病状になると、呼吸困難に陥る事もあります。 首の下...

赤ちゃんの熱中症について

熱中症とは、身体の体温調節が上手くいかなくなって、身体に熱がこもり、体温が上昇して脱水症状に陥ってしまう病気で代表的な病名では、熱射病や日射病というのがあります。 日射病は、真夏の暑い時にスポーツ等をしていて汗をたくさんかき、体内の水分が少なくなった状態です。 熱射病は、かなりの高温状態が続く事により身体に熱がこもって脱水症状を起こす事を言います。 よく車の中に子供を置き去りにして、ぐったりして亡...

赤ちゃんの気管支炎について

気管支炎とは、細菌やウイルスが気管支の表面について炎症を起こす病気で、咳やタンが出て発熱も引き起こし、症状が重い時には、体力消耗も見られます。 発症ルートで多いのが、ウイルスでの風邪をこじらせて、喉の炎症が気管から気管支まで及ぶといった事からです。 咳の症状は、最初に「コンコン」といった渇いた咳が出て、何日かして気管支炎を発症した場合に、「ゴホゴホ」とタンが絡む湿った重たい咳に変わります。 寝た数...

赤ちゃんの肺炎について

ウイルスや細菌によって引き起こされる病気で、主に風邪をこじらせたりして発症するケースが多いでしょう。 炎症が肺胞まで及んでしまった時に起こるのが肺炎です。 肺に空気がいかない為に呼吸が苦しくなり、レントゲンを取れば肺の一部が真っ白になる事から診断がつきます。 気管支炎と区別がしにくいようです。 たいがいは、風邪をこじらせて肺炎になるので、風邪や気管支炎の段階できっちり治して肺炎まで悪化させない事が...