ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  重症化すると危険な病気  > 赤ちゃんの肺炎について


赤ちゃんの肺炎について

ウイルスや細菌によって引き起こされる病気で、主に風邪をこじらせたりして発症するケースが多いでしょう。
炎症が肺胞まで及んでしまった時に起こるのが肺炎です。

肺に空気がいかない為に呼吸が苦しくなり、レントゲンを取れば肺の一部が真っ白になる事から診断がつきます。
気管支炎と区別がしにくいようです。

たいがいは、風邪をこじらせて肺炎になるので、風邪や気管支炎の段階できっちり治して肺炎まで悪化させない事が大切です。
ウイルス性の場合は風邪症状から、細菌性の場合は急な発熱から起こる場合もあります。

病状の特徴は、激しい咳と高熱で、発熱は38℃~40℃と高くて咳はタンの絡んだ「ゴホゴホ」というものが出ます。
顔色もよくなく、グッタリしていて食欲不振で脱水症状を起こす危険性もあります。


赤ちゃんの肺炎は、呼吸困難になったり呼吸が小刻みになり、小鼻をピクピク動かしたりして大変危険な病気です。
低月齢の赤ちゃんは、体温調節や呼吸機能が未熟なのでなかなか肺炎の症状が見られない場合があります。

風邪を引いたら、いつもとどこが違うかしっかり観察をして肺炎になっていないか確認する必要があります。
細菌性の場合は、症状はウイルス性よりも重くなりますが、激しい咳や発熱は一緒です。


ケアの方法は、細菌性のケアは抗生物質で治療して、ウイルス性のものは、基本的には特効薬はありませんが、弱った肺に細菌が感染すると重症化するので念のため同じく抗生物質を使用します。

家庭内のケアでは、室内の温度と湿度は一定に保ち寝かせる時は呼吸がしやすいように上半身を高くしてあげたりします。

水分はたっぷりと与えて、咳で飲めない時は少量ずつゆっくり与えましょう。
食欲が戻ったなら、のどごしの良いうどん等を少量ずつ与えてください。