ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  重症化すると危険な病気  > 赤ちゃんの気管支炎について


赤ちゃんの気管支炎について

気管支炎とは、細菌やウイルスが気管支の表面について炎症を起こす病気で、咳やタンが出て発熱も引き起こし、症状が重い時には、体力消耗も見られます。

発症ルートで多いのが、ウイルスでの風邪をこじらせて、喉の炎症が気管から気管支まで及ぶといった事からです。

咳の症状は、最初に「コンコン」といった渇いた咳が出て、何日かして気管支炎を発症した場合に、「ゴホゴホ」とタンが絡む湿った重たい咳に変わります。

寝た数時間後に、湿った咳が出たり、1日中ゴホゴホ言っているようなら気管支炎を疑えます。


2歳未満の赤ちゃんがかかると、38℃~39℃の高熱が出て咳やタンも出ているので、体力が無くなり、グッタリした状態になり、食欲ががっくり落ち、喉が渇いて胸が痛くなったりして重症化していきます。

高熱が何日も続くケースには、息が苦しくなって呼吸困難に陥ったり、体力低下に伴って全身症状が悪化すると、肺炎も併発してしまいます。

この病気の場合は、素早く病院に連れて行き、適切なホームケアが重要になります。
呼吸が小刻みに短かかったり、肩で息をしていたりすると救急車を呼んでも構いません。


ケアの方法は、ウイルスなので特効薬はありませんがタンを多く出す事です。
タンが多い時は絡むと危険なので、その場合は去たん剤を処方してもらいます。

咳は室温が変化した事でよく出やすいので、室温は一定に保ちます。
発熱に伴い水分が不足している状態にありますので、タンを出やすくする為にもコマメな水分補給が大切です。

赤ちゃん用のイオン飲料が良いでしょう。

また気管支炎は必ず、発熱を伴うので、発熱が無く上記の症状が見られる場合はアレルギー性の気管支炎の可能性があります。