ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  重症化すると危険な病気  > 赤ちゃんの熱中症について


赤ちゃんの熱中症について

熱中症とは、身体の体温調節が上手くいかなくなって、身体に熱がこもり、体温が上昇して脱水症状に陥ってしまう病気で代表的な病名では、熱射病や日射病というのがあります。

日射病は、真夏の暑い時にスポーツ等をしていて汗をたくさんかき、体内の水分が少なくなった状態です。

熱射病は、かなりの高温状態が続く事により身体に熱がこもって脱水症状を起こす事を言います。

よく車の中に子供を置き去りにして、ぐったりして亡くなるケースがありますが、それがこの熱射病の典型的な例といえます。


そして、赤ちゃんは体温調節ができませんので暑い時期にはすぐに体温が上昇してしまいます。

暑い部屋などで寝かしていると、急激に体温が上昇して呼吸や汗から水分が奪われてグッタリし、やがて脱水症状を起こし危険です。
赤ちゃんの場合は、大人とは違うので涼しい所で生活させてあげましょう。


熱中症対策としては、毎日のお散歩は午前か夕方の涼しい時間を選んでください。
汗をかいていたら、コマメに水分を取らせてあげて、冷たい濡れタオルで汗を拭いてあげると良いでしょう。


万が一熱中症を発症させてしまったら・・・

症状は、汗はあまりかきませんが顔を真っ赤になりグッタリしているでしょう。
そのような場合は、すぐに涼しい所に移動して風通しを良くします。

衣服をゆるめ、冷水で濡らしたタオルで冷やしましょう。
意識がある時は、様子を見ながら冷たい飲み物を少量ずつ与えてください。

意識が無い場合や、吐き気があり水分が取れない、痙攣といった場合はすぐに救急車を呼びましょう。