ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  重症化すると危険な病気  > 赤ちゃんのクループ症候群について


赤ちゃんのクループ症候群について

クループ症候群は別名「急性喉頭炎」とも言われています。
風邪の症状と似ていて、ウイルスや細菌が喉頭に付着し炎症が起きる事です。

クループ症候群にかかると、息を吸う時にヒューヒューという音がなったり、次第に声がかすれて犬の遠吠えのようにケーンケーンと咳を出すようになります。

そして空気の通り道が妨げられて、息をしずらくなり吐きずらくなります。
ひどい病状になると、呼吸困難に陥る事もあります。

首の下や、胸の部分が凹むようになったりすると重い症状に変わっています。
クループ症候群は、赤ちゃんにとっては生命に関わる事もある病気なので、ただの風邪なのか、クループ症候群なのかを見極めて早めに病院を受診するようにします。


この病気は、夜間に悪化します。
夜の病状をお母さんはしっかり把握しておかないといけません。

息を吸う時にヒーヒーと音がしたら、それは呼吸困難の前触れですので一刻も早く病院へ連れていきましょう。

万が一、呼吸困難が起こってしまい、唇や顔色が紫になるチアノーゼを起こした場合は救急車を呼んで病院へ急ぎましょう。
朝まで待っていたら、呼吸が止まっている場合があります。


クループ症候群は、ウイルス性による病気なので特効薬というのはありません。
しっかりホームケアをしましょう。

・咳がひどくならないように部屋の温度は少し高めで。
・加湿を必ずしてあげましょう。
・寝かせる時は背中にクッションを充ててあげましょう。
・発作が起きたら縦抱きをすれば、赤ちゃんは楽になります。

クループ症候群にかかってしまうと看病をするのがお母さんも大変でしょうが、赤ちゃんの命に関わる事なので、お父さんと協力して徹夜で看病してあげてください。