ようこそ! 「赤ちゃんの病気あれこれ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  先天性の赤ちゃんの病気  > 赤ちゃんの喘息について


赤ちゃんの喘息について

赤ちゃんの喘息の場合、いわゆる1歳未満での喘息は「気管支喘息」と診断される事は無いようです。

赤ちゃんの喘息は「小児ぜんそく」といわれるもので、主にアレルギー性のある赤ちゃんにかかり易く、呼吸困難を起こして苦しむのを繰り返す病気です。


空気の通り道である気管が、あらゆるものに対して過敏に反応する事からは発作が起こります。
そうなると、気道が細くなりヒューヒューと音を立てて呼吸をするようになり、呼吸しにくい状態になります。

発作はさまざまな状況に応じて、起こります。

例えば、天候の変化・精神的なストレス・ハウスダスト・花粉・食べ物・風邪・気管支炎等が発作の引き金になってしまいます。
発作の程度はさまざまで、軽い喘息の場合や呼吸困難になるような重い病状まであります。


気管支ぜんそくという診断は1歳を過ぎた頃でしか診断が難しく、生まれてからの経過や、ゼロゼロ音の聴診アトピー性皮膚炎等の赤ちゃんのアレルギー性質をいろいろ調べてからの診断になります。

遺伝性が強く、両親のどちらかが花粉症等のアレルギー性質を子供の頃から持っていると赤ちゃんにもそれが遺伝して気管支喘息になる場合が多いようです。


ケアの方法は、発作を起こしたら、呼吸が楽になるように立て抱きをして少し前かがみに座らせたりします。

発作がよく起こったり、なかなか収まらなかったりする重い病状の赤ちゃんには、「気管支拡張剤」や「吸入薬」を投入したりします。

夜中にひどくなる事が多いので、お母さんは赤ちゃんのすぐ隣に寝るようにしてすぐに応急手当をできる環境を作りましょう。

夜中に発作が収まらず、チアノーゼを起こしたら救急車ですぐ受診するようにしましょう。
発作が無い時は、普通の生活をさせてあげましょう。