ようこそ! 「離乳食の進め方を現役ママが伝授!」へ
ポータルトップ >  ホーム >  離乳食の進め方の知識  > 離乳食の冷凍


離乳食の冷凍

離乳食冷凍しておくととても便利です。
1回1回ちょっとの量を作っていたらお母さんも大変ですよ。
ここで少し気を抜きましょう。

冷凍にも賞味期限があります。
ベビーフードは開封してから2週間、自宅で作ったものは1週間で使いきるように
しましょう。

冷凍に向いている食品は以下です。

・ご飯・おかゆ・パン・肉・魚・タコ・イカ・しらす干・バナナ(皮をむいてから)
・野菜(ゆでればほとんどのものが可能です)
・トマトはゆでてペースト状にしてから冷凍
・きゅうりはすりおろしてから冷凍
・玉ねぎは炒めてから冷凍


冷凍に不向きな食品は以下です。

・1度解凍した肉や魚・牛乳・マヨネーズ・豆腐・生野菜


ここで冷凍に関するポイントをそれぞれでまとめてみました。

【離乳食初期】
人参とかほうれん草はかたまりのまま冷凍して、使う時に冷凍状態のまますりおろすと
細かいペーストになって楽チンです。
逆に生野菜をすりおろしてペースト状にしてから冷凍といった手段もあります。


【離乳食中期】
色んな種類の野菜をゆでてから、混ぜ合わせて冷凍しておくといろんな料理に活用できて
楽チンですよ。後期でもこの方法は使用できます。

魚はほぐして隙間なくラップをしましょう。
かぼちゃとさつまいもは1口にカットしてゆでて冷凍すると、解凍してマッシュに
すぐにできるので便利です。


【離乳食後期】
手づかみをしたがる離乳食後期には1口大にカットして手づかみで食べれる大きさに
ゆでるのがポイントです。


その他のポイントとしては、野菜スープや和風だしも大人用に作った時に薄めて
冷凍しておくと、応用がきいて本当に便利です。
ベビーフードは意地でも使わないという人にはもってこいの、作戦ですよ。

1週間に1回大量につくっておきましょう。
時間がある時に作れば、お母さんのストレスの軽減にもなりますから本当に
離乳食の冷凍はお勧めです。