ようこそ! 「離乳食の進め方を現役ママが伝授!」へ
ポータルトップ >  ホーム >  月齢毎の離乳食の進め方  > 離乳食後期の進め方


離乳食後期の進め方

離乳食後期に入ると、少し作るのも楽になってくる頃です。
しっかり噛む練習をする事から、別名『カミカミ期』といいます。

時期は9~11ヶ月が目安になり、初期と中期に比べて期間が長くなります。
カミカミ期といっても、まだ奥歯は生えてこないので歯茎で噛む練習をします。

ですから与える食事は、バナナぐらいの硬さが良いでしょう。
この頃から、3回食に移行していきましょう。

赤ちゃんは自我が芽生え始め、自分で食べたくなる時期です。
手づかみで食べられるような食事を出してあげるのも良いでしょう。

例えば、野菜スティックやパンケーキがお勧めです。
そして母乳やミルクは少なくなり、離乳食が主要になってくる時期に入りました。

しっかり栄養を考えた離乳食レシピを作ってあげたいものです。


調理形態は、歯茎でつぶせる硬さです。

・穀類→全がゆを90gから軟飯を80g
・卵→全卵1/2個
・豆腐→50g
・乳製品→100g
・魚→15g
・肉→18g
・野菜や果物→30~40g
・調理用油脂や砂糖→各3g

離乳食後期の進め方についての注意点は離乳食初期離乳食中期と同じですので
参照してください。


離乳食後期の時期は、赤ちゃんの身体が大きくなるに従い、鉄分が不足しがちです。

中期までは、赤ちゃんは鉄分を体内に貯蔵しておく事ができているのですが、それが
どんどん減って不足状態になっていきます。
小松菜やホウレン草、レバーや赤身魚や大豆製品がお勧めです。

手づかみをするようになり、余計に衛生面に気をつけなければいけません。
食べる前は、しっかりと手洗いをしてあげましょう。

あとは、中期と同じように楽しい食卓を経験させてあげて、食事は楽しいものだと
認識させる事によって、離乳食後期もどんどん進むでしょう。