ようこそ! 「離乳食の進め方を現役ママが伝授!」へ
ポータルトップ >  ホーム >  基本的な離乳食の進め方  > 3回食(離乳食)について


3回食(離乳食)について

3回食を始める時期は、だいたい目安として離乳食開始後5ヶ月目あたりです。
赤ちゃんの生後9ヶ月~10ヶ月頃ですね。

1日2回しっかりもぐもぐ口を動かして食べれるようになったら、3回食に
進めていきましょう。


3回食になると、母乳やミルクよりも離乳食の栄養が最も重要になってきます。
母乳やミルクでは栄養が追いつかなくなってくる時期ですので、
お母さんはしっかり栄養や質を考えて、離乳食作りに励みましょう。

3回食に移行する頃になるとお母さんは、卒乳や断乳を考えて
ミルクをフォローアップに変更したりしますね。
栄養が不足しがちな場合は、フォローアップミルクが栄養補助をしてくれるので、
そんなに神経質にならなくても大丈夫です。


そして、赤ちゃんの成長で知恵がついてきます。
知恵がついてくると、離乳食に飽きると席を立ったり遊びだしたりしますので、
お母さんは離乳食の時間は本当に大変です。

そんな時は、楽しい食卓を意識するとある程度改善されたりもしますので、
いろいろ工夫してみましょう。
その他には調理形態を変えてみたり、食器を変えてみたりするのも良いでしょう。

食べないからといって、だらだら離乳食時間を過ごす事はよくありません。
だいたい30分くらいを目安に、食事を下げましょう。

また味覚の発達により、食べむらや好き嫌いも出てきていろいろ悩むでしょうが、
赤ちゃんの好き嫌いは一時的なものの可能性が高いので、そんなに気にしなくて
大丈夫です。


朝、昼、晩になりますので、睡眠リズムはきっちりつけておく事が必要です。
朝起きるのが遅くなると、昼ご飯や夕ご飯の時間がずれていきます。

すると離乳食のリズムが狂っていき、生活リズムまで狂っていってしまいます。

3回食に入りよく食べてくれるようになると、お母さんも一安心ですね。