ようこそ! 「離乳食の進め方を現役ママが伝授!」へ
ポータルトップ >  ホーム >  基本的な離乳食の進め方  > 離乳食の量について


離乳食の量について

離乳食にはそれぞれの月齢に応じた、ある程度の量というのがあります。
ただ、赤ちゃんにもそれぞれ食欲の個人差がたくさんあります。

ですから食べない、又は食べ過ぎるといった場合でも、気にしなくて良いのです。
赤ちゃんの離乳食の進み具合で、ゆっくりのんびり離乳食を進めていきましょう。

詳しい離乳食の量(何gか)というお話は『月齢毎の離乳食の進め方
にて記載していますので参考にしてください。
離乳食の時の母乳の量については『離乳食の進め方の工夫』にて記載されています。


食べ過ぎるといった場合には、食べないより安心できますけど不安にもなりますね。

しかし食べ過ぎる場合は、離乳食で栄養も十分足りていますので、
ミルクや母乳をやめてしまったりすれば、体重の維持はできるのではないでしょうか。
ただし、ミルクや母乳をやめるのは、離乳食後期あたりを目安にしてくださいね。


逆におっぱいが大好きで全然離乳食が進まないといった場合には、離乳食の初期・中期
は特に問題なくおっぱいばかりあげていって、その間に離乳食を副食な感じで与えて
あげると問題無いでしょう。

ただし、離乳食後期に入ると、母乳やミルクは赤ちゃんの主要栄養分になるとは
言えません。
赤ちゃんは身体が大きくなり、離乳食で栄養を補給しないとダメになるからです。

量と質をきっちり見直す時期でもあります。
量を食べなくても徐々に増やしていけば問題ありませんが、まったく規定の量に満たない
場合は一度、地域の子育てセンターに相談にいくのも良いでしょう。

しかし、離乳食後期になれば、食べムラもありますが食欲が発達してきているので、
たいがい規定の量より食べ過ぎるといった赤ちゃんが多いでしょう。


神経質に量にこだわらず、徐々に様子をみていって大丈夫です。
赤ちゃんにも食欲が無い時がありますので、食べない時もあるでしょう。

それぞれ初期・中期・後期・完了期に入って後半に差し掛かってくると、規定の量を
食べてくれるようになるものですよ。