ようこそ! 「離乳食の進め方を現役ママが伝授!」へ
ポータルトップ >  ホーム >  基本的な離乳食の進め方  > 離乳食の開始時期について


離乳食の開始時期について

離乳食の開始時期は、基本的には5ヶ月頃~になります。
早すぎる離乳食の開始は、赤ちゃんがアレルギー体質の元になると言われています。

5ヶ月頃になって離乳食を開始したがなかなか上手く進まない場合は、
もう1ヶ月ずらしてもまったく問題はありません。
いつかは必ず、大人と一緒のものを食べるようになるのです。

1歳までは、母乳やミルクで十分育つってご存知でしたか?
これは本当なんですよ。

日本は離乳食開始時期が早すぎると言われているくらいですから、安心してくださいね。
焦らず、赤ちゃんの発育に合わせて離乳食を開始しましょう。


また、生後2~3ヶ月頃になると離乳食準備期と言われ、果汁を与えたりしますが、
2007年3月に厚生労働省から「離乳食開始までは果汁を飲ませる必要は無い」と
いう指針に改正されたのです。

これは、近年増え続けているアレルギー体質の赤ちゃんの原因が、この事もあると
されたのです。


離乳食を開始しても良いサインが、赤ちゃんから発信されます。
そのサインがでていたら、離乳食を開始してみても良いでしょう。

お父さんやお母さんの食事中に、じーっと見てよだれを垂らしていたり、
一緒にもぐもぐ口を動かしていたなら、食欲が出てきた証拠で開始時期です。

しかし逆に、生後4ヶ月頃に上記のようなサインを出してきても、
絶対に離乳食開始はやめてくださいね。
4ヶ月となると、赤ちゃんの胃腸はまだまだ未発達で、アレルギーの原因になってしまい
とても危険です。

生後5~6ヶ月がベストです。