ようこそ! 「離乳食の進め方を現役ママが伝授!」へ
ポータルトップ >  ホーム  > 離乳食の悩み


離乳食の悩み

離乳食は始めると、結構、悩みがつきないものです。
そこで、一般的に多い離乳食の悩みについてまとめてみました。

下痢の時の離乳食の進め方

下痢の時の離乳食の進め方は、医師の診察を受けて水分補給をマメに してあげましょう。 下痢の多くは風邪によるもののようです。 機嫌が悪く、食欲の無い時に無理強いするのはやめましょう。 下痢の時はお腹も痛いですので、かなり機嫌が悪く泣いてばかりでしんどそうで ぐったりしている赤ちゃんが多いですよ。 大人でも下痢はとても辛いものですね。 必ず、医師の診察を受けてから離乳食を一時中止する、調理形態を戻す等...

便秘の時の離乳食の進め方

便秘気味の赤ちゃんの離乳食は、食物繊維と水分の多い食事を心がけ 腸の働きを活発にしましょう。 排便のリズムには個人差があり、回数が少なくてもスムーズに出るなら心配ありません。 ただ、風邪などで体調を崩した時は胃腸の働きが弱ったり水分が不足して便秘になる事 があります。 便秘対策の基本は水分補給になります。 離乳食をスタートしたばかりの赤ちゃんの便秘は、母乳やミルク等の水分が不足して 起こる事があり...

離乳食の進め方についての悩み

ここでは離乳食の悩みで多いものを取り上げて、Q&A式にしてみました。 参考になれば幸いです。 Q1 (初期)いつまでも口に入れたままなかなか飲み込みません。 どうすれば上手に飲み込めますか? A1 もしかしたら、離乳食にツブツブやかたまりが残っているかも知れないので チェックしましょう。 離乳食初期は少しでもかたまりがあると、赤ちゃんは飲み込めません。 今まで、母乳やミルクしか飲んでいなかった赤ち...

離乳食を食べない時の対策

生まれてから離乳食の開始までミルクや母乳しか知らない赤ちゃんにとっては 離乳食を食べるという事になかなか骨の折れる事なのです。 離乳食初期や離乳食中期に食べない場合は、3~4日離乳食をお休みして お母さんも離乳食の事は忘れてリラックスして良いでしょう。 食べない離乳食を無理矢理与えると、赤ちゃんも離乳食に過剰反応を起こしてしまい 食べ物を見ただけで大泣きしてしまうといった事にもなる場合があります。...

アレルギーの離乳食の進め方

ここでは、アレルギーの時の離乳食対策をまとめたものを記載しました。 最近はアレルギー体質の子供が年々増えています。 アレルギーに悩むお母さんもきっと多いはずです。 アレルギー対策を考えた離乳食作りを見直さないといけません。 この対策は自分の子供がアレルギー体質だという事がわからないお母さんにも 実践していただける方法であり、明日からでもすぐに取り組んでいただけます。 【離乳食の進め方はゆっくり行い...