ようこそ! 「離乳食の進め方を現役ママが伝授!」へ
ポータルトップ >  ホーム >  離乳食の悩み  > 下痢の時の離乳食の進め方


下痢の時の離乳食の進め方

下痢の時の離乳食の進め方は、医師の診察を受けて水分補給をマメに
してあげましょう。

下痢の多くは風邪によるもののようです。
機嫌が悪く、食欲の無い時に無理強いするのはやめましょう。

下痢の時はお腹も痛いですので、かなり機嫌が悪く泣いてばかりでしんどそうで
ぐったりしている赤ちゃんが多いですよ。

大人でも下痢はとても辛いものですね。
必ず、医師の診察を受けてから離乳食を一時中止する、調理形態を戻す等の
指示に従いましょう。

体調が回復してきたら無理をせず、
水分→炭水化物→野菜→たんぱく質の順番に、少しずつプラスして元の離乳食
に戻していきましょう。


下痢の時は水分を控えめにとかん違いされやすいのですが、体内の水分が失われる
下痢は、脱水症につながりやすいので、こまめな水分補給が必要です。

湯冷ましや、麦茶、赤ちゃん用イオン飲料などを飲ませるようにしましょう。
胃腸を刺激する乳酸飲料、柑橘類の果汁、冷たい飲み物は避けましょう。


食欲があるなら、離乳食を食べさせても良いと医者にも言われるでしょう。
消化の良いおかゆやうどん、便を固めるペクチンを多く含むリンゴやにんじんが
お勧めです。
繊維の多い野菜や消化しずらい肉や魚は腸を刺激するのでしばらく控えましょう。


一時的な軽い下痢なら、調理形態を戻したり離乳食を中止したりせずに、
水分補給をするだけで十分です。

冷たい飲み物は腸を刺激しやすいので、大人がぬるいと感じるくらいの温度のものを
飲ませましょう。

【こんな時は病院へ】
■発熱や嘔吐を伴う
■白っぽい水便や血便がでる
■意識がはっきりせず、弱くなく