ようこそ! 「夜泣きが悩みのママへ育児アドバイス」へ
ポータルトップ >  ホーム >  夜泣きの改善法  > 夜泣きを改善するためにお父さんにできること


夜泣きを改善するためにお父さんにできること

夜泣きをする赤ちゃんを、お母さん一人で頑張って寝かしつけるのではなくって、ぜひお父さんにも夜泣きを改善するために協力してもらいましょう。

赤ちゃんの夜泣きが始まって、おっぱいやミルクを与えても、おむつ交換をしても泣き止まない時が続いたら、お父さんにバトンタッチをしてもらうのもいいですよ。

二人の間に授かったかわいい赤ちゃんのことですもの。
二人で協力しながら、赤ちゃんの夜泣きを改善するためにお母さんとお父さんで乗り越えていくのが理想的ですよね。


と言っても、お父さんも日中は仕事で疲れてクタクタになってしまい、夜はゆっくり寝たい気持ちはとてもよくわかります。

でも、お休みの前日などに赤ちゃんの夜泣きに付き合ってみるのはどうでしょうか?


一週間のうちに一日だけでも、お母さんを夜泣きから解放させてあげるだけでも、十分お母さんは気持ちが休まるだろうし、お父さんへの感謝の気持ちでいっぱいになって、優しさがいっぱいの家族になっていくのではないでしょうか。

それに、赤ちゃんは案外、お父さんの大きな手で抱っこされてポンポンと優しく接してもらうと安心してすんなりと寝てしまう場合もあるんですよ。


その時に、お父さんが注意するべきことは、嫌な気持ちのまま赤ちゃんに接しないということです。

嫌な気持ちのまま、赤ちゃんの夜泣き改善のお手伝いをしても、そのお父さんの気持ちが赤ちゃんにまで伝わってしまって、ますます夜泣きをしてしまうかもしれないからです。

言葉がわからない赤ちゃんですが、お父さんの気持ちやお母さんの気持ちは伝わるものです。

だから、お父さんも出来るだけ優しい気持ちで赤ちゃんの夜泣き改善のお手伝いをしてあげて欲しいと思います。